皮膚科選びについて

にきびを治そうと思ったら、
色々な市販の薬を使うことが多いですが、
最終的に皮膚科を受信することも考えてみましょう。


にきび治療で皮膚科を受診する際には、
できるだけ皮膚科専門のところがオススメです。

これは、私が以前に薬品会社のプロパーをしていた頃の話ですが、
「内科・皮膚科」や「皮膚・泌尿器科」など
皮膚科と平行している病院の場合は、
内科医や泌尿器科医が片手間に皮膚科も診ていることが
少なくないのです。

やけどやちょっとした肌荒れなどの症状であれば
そのような病院でも良いですが、
慢性化しやすく、原因が複雑で
診断が難しい症状の場合では、
やはり皮膚科単科のところを選ぶのが良いでしょう。


にきびを治すための通院であれば
皮膚科の中でも自分に合った病院を探すことが大切です。

又、まれですが皮膚科単科でも、
特定の症状に関しては知識の少ないドクターもいます。


抗アレルギー剤を例にとってみても、
様々な種類のものがありますので、
患者さん自身も知識を深めてどんどん質問し、
納得の行く説明をしてくれる先生を見つけましょう。


ニキビを例にとってみると、
「大人のニキビ」についてよく理解をしていない先生が
少なくありません。

そうした先生は、
思春期のニキビと同じ治療をするだけだったり、
患者さんの話を聞くこともなくすぐに
ストレスや生活の不規則を原因として特定したりするなど、
知識の偏りがあるケースがあります。

ニキビ専門外来というのもありますので、
そうした皮膚科を受診すると良いですが、
それでも先生によって治療法、
ニキビへの考え方がさまざまです。


角質をとることに重点を置く先生もいれば、
ホルモン療法をおこなう先生もいます。

どれが正しいかということではなく、
ある人には大変効果があったものが
自分には効果がないということがよくあります。

皮膚は、病院での治療よりも
自分の毎日のケアが重要ですので、
知識を深めてご自分に合った対策方法・治療方法を
探していきましょう。


スポンサード リンク

にきびと皮膚科
皮膚科選びについて
にきび跡について
にきび跡対策の化粧品
にきび跡のクレーター
にきびについて
にきびと脂性
ビタミンの役割
にきびの原因

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

にきびを治す方法とにきび治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system