にきび跡のクレーター

思春期に「にきび」が多かった方に
良く見られる「にきび跡」(クレーター)。

言葉を悪くすれば「ぶつぶつ」なんて言われている
お笑い芸人さんも居ますね。


「にきび」の原因は毛穴に皮脂が詰まり、
そこにアクネ菌が大繁殖して膨れると言うものですが、
「にきび」を無理に潰したりして、
毛穴の回りがへこみ、
月面のクレーターのようになってしまう現象です。
その「にきび跡」(クレーター)現象は
日本語で「あばた」と呼ばれることもあります。


”惚れた人の顔がどうでもよくなる”という喩えで
「あばたもエクボ」という言葉があったり、
古代ヴィーナス(ヒュギエイアの頭)という、
ギリシャで発掘された像は、
クレーター状に顔が傷ついた状態で発掘されたため
「あばたのビーナス」と呼ばれていたりしますが、
10代で出来てしまった「にきび」によって、
20代、30代まで「にきび跡(クレーター)」が残り、
悩んでいる女性はとても多いようです。


実際、「にきび跡」(クレーター)を消す為の
皮膚科の治療を受ける女性も多く、
現在、「にきび跡」(クレーター)効果的な治療法は、
「ケミカルピーリング法」と呼ばれている、
薬品によって顔の皮膚表面をごく僅かに溶かし、
新しい皮膚を生み出すもののようです。

この方法、以前はあまり知られておらず、
無認可のエステなどで事故例等怖いイメージもありましたが、
2001年から2004年までの間で、
日本でもケミカルピーリングの安全なガイドラインが制定され、
しっかりとした医療行為として
効果的な「にきび跡」(クレーター)治療が行われているようです。


スポンサード リンク

にきびと皮膚科
皮膚科選びについて
にきび跡について
にきび跡対策の化粧品
にきび跡のクレーター
にきびについて
にきびと脂性
ビタミンの役割
にきびの原因

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

にきびを治す方法とにきび治療 トップページへ


スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system